「デリケートゾーンのニオイが気になる」もしかしてこんな病気かも!?

【自宅で簡単ケア】ジャムウ石鹸でデリケートゾーン臭いも怖くない!

MENU

臭う原因にはいくつかある

デリケートゾーン,ニオイ,病気

 

デリケートゾーンのニオイが気になることがあり、原因はいくつか考えられます。

 

ニオイにも種類があり、酸味のあるような臭いや甘酸っぱい臭いである場合は清潔に保つことなどで解消することができますが、いつもと臭いが変わったり、嫌な臭いが強くなる場合などは病気の可能性があるため注意が必要です。

 

デリケートゾーンの臭いといっても注意するのはおりものの臭いです。

 

酸味や甘酸っぱい臭いの場合は、膣機能は正常で膣内の善玉菌の乳酸菌はしっかりと働いています。

 

また、嫌な臭いが気になる場合は刺激が少ない専用の石鹸を良く泡立てて洗ったり、綿など通気性の良いショーツをつけることも臭いを解消する方法です。

放置すると取り返しがつかない場合もある

デリケートゾーン,ニオイ,病気

 

デリケートゾーンのおりもののニオイが強くなったり、臭いの傾向が変わった場合には病気を疑う必要がります。

 

考えられる病気はいくつかありますが、カンジダ膣炎もそのうちのひとつです。

 

膣カンジダ症は陰部から悪臭がすることがあり、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ、過剰な膣内洗浄などによりカンジダ菌が過剰に繁殖した状態です。

 

この場合は臭いの強い白いチーズ状のおりものがでたり、強い痒みや痛みを感じることもあります。

 

他にも細菌性膣炎、トリコモナス膣炎、クラミジア、淋病などの場合もあり放置すると取り返しのつかない状態になる可能性もあるため、早めに病院を受診します。

関連ページ

デリケートゾーンのムダ毛はニオイの元!脱毛のすすめ
デリケートゾーンのニオイの原因の1つとして考えられるのがムダ毛に汚れが付着することになります。脱毛の施術を受けて目立たなくすることによってムダ毛に汚れが付着しない効果を得ることが期待できます。
生理中のデリケートゾーンのニオイ、かぶれの対処法
女性には毎月どうしてもお付き合いしなければならない生理があります。量が多い時などは本当に大変で大きいナプキンを使ったり、二枚重ねにしたりと気を使いますが、量のことだけではない悩みがありますね。
自分でできるデリケートゾーンのニオイ対策
デリケートゾーンのニオイ対策は、清潔に保つことです。また入浴して丁寧に洗ったり、通気性の良い下着を身につけ、生理時のナプキンなどはまめに交換することも必要なことです。
デリケートゾーンのニオイ、保湿不足かも。
デリケートゾーンのニオイはいくつか原因がありますが、乾燥も原因のひとつです。デリケートな部位を清潔に保ち、デリケートな部位専用の化粧水や黒ずみ対策クリームなどを塗り保湿することも必要です。